台風の夜、アセンション、満月

台風の後の満月は恐ろしく綺麗で、実家の私の部屋をずっと照らしていた。まぁとにかく立ち上がりなさいと言われていたのだけど。

おとといは台風の中、会社帰りに小鳥を見つけた。小鳥はとても小さくて、雨なのにずっと歩いていた。不思議だ。思い返すと小鳥とは思ったけれど、小鳥ってヒヨコみたいに毛がふわふわだったりするものだと思う。うちにいるツバメのヒナもふわふわしているし。とすると、あれは大人になったばかりの鳥?ともかくずっと歩いてたのだ。怪我して歩けないと思って保護しようと思っていたら鳥は消えた。幻だったのか。

村上龍のエッセイで台風の日は不思議なことが起こるというフレーズを見たことがある。村上春樹だったかも。やはり低気圧にやられた私の幻か何かなのかと思っていたら、私の友達にそれは時空の歪みだよ、と言われた。早くアセンションしてこっちにきなよ、と。

アセンションまでもう少し。