女子力アップのロゼ会

恵比寿とひっそりとした住宅地のワインバーにてロゼワイン会。 先日行った鳥幸 @観音坂の近くでこの辺に最近縁が深い私です。ひっそりとした住宅街の真っ暗な中にある暖かみのあるお店はどんなお店だって愛すべきお店な気がする。ドアを開けた時の高揚感や暖かみはシチューのCMみたいにほっこりする。 ミモレで連載している青木良文さんのコラムに女子力効果のある、冷たいロゼで乾杯!という話がありました。

ロゼが放つ、透明感のある優雅なピンクは、見ているだけでも気分が上がりますよね。 まさに、女性を幸せにしてくれる色です。 飲んだ時の、ふわっとした華やかさも、自分の印象に染み込んでいきそうで、ワクワクします。 ロゼは実際に、愛情運やビューティ運など、女子が欲しい運気にも効くそうですから、飲んでパワーチャージですね。

女子には嬉しい話です。これからはロゼワインの時代!! 当日のラインナップ。 IMG_2510 *Purato Rose Organic プラート ロゼ オーガニック イタリアのシチリア、ネロ・ダヴォラを使用したロゼワイン。フルーティでイチゴのような味わいと香り。プラートはイタリア語でピュアという意味。名前の通りピュアなワイン。イタリアのピュアなワインを飲むと思い出すのが『紅の豚』。ポルコがイタリアの浜辺の家?みたいなところでくつろぎながらワインを飲んでいたのが子供ながらに気持ちよさそうでいつかは私もあそこでワインを飲みたい!と思いました。イタリアに何年か住んでオペラを勉強していた友人の話によるとイタリア人はあの映画を自分達の国が舞台で喜んでいて、誇りに思ってくれているそう。 IMG_2511 *Gascogne Rose/Alain Brumont ガスコーニュ・ロゼ/ドメーヌ・アラン・ブリュモン フランスの南西地方のタナ55%、シラー20%、メルロー15%、その他10%。タナを使用しているだけあって力強くて色も濃いロゼ。去年、ガスコーニュとは少し違いますが、ルルドに行った時のことを思い出します。フォアグラがおいしくて、ガスコーニュのワインが沢山ありました。ピレネー山脈の深い緑色が良く見えるこの地域にはやはり濃いワインが似合う気がします。フランスはスリや旅行者を狙った犯罪が沢山ありますが、ルルドは愛の聖地、安心と安全を感じました。 マリア様の聖地、ルルドの泉へ ルルドの泉 夜の行進に参加 IMG_2512 *Rose d'Anjou/Terres D'ardoise ロゼ・ダンジュー/テール・ダル・ロワーズ フランスのロワール、グロロー100%のワイン。すっきりとした甘みで女子ウケしそうです。なんにも考えたくない日、そんな日にほっとする味わいのロゼ。 IMG_2513Cune Rioja Rosado クネ・ロサード スペインのリオハのテンプラニーリョ100%のロゼワイン。セニエ方式で作っていて色が濃いです。女子力アップ、恋愛への活力が沸いてきそうな感じ。 IMG_2514 *Honoro Vera Rosado/Hill Family Estates オノロ・ベラ・ロサード/ヒルファミリー・エステーツ スペインのフミリヤ州、テンプラニーリョとシラーのブレンド。素敵な女性の横顔が描いてあるワイン。これもまた女子力アップに効きそうな魔女っぽいワイン。色は淡いですが香り豊かでフルーティ。 IMG_2515 *Pipoli Rosado/Vigneti del Vulture ピポリ ロサード/ヴィニエティ・デル・ヴルトゥーレ イタリアのバジリカータ州のアリアニコ100%のロゼワイン。これはバジリカータ州だし爽やかな酸味がバジルに合うはず!とカプレーゼを注文。ぴったり合いました!よかった。 IMG_2516 *Montepulciano d'Abruzzo Cerazsuolo/Farnese モンテプルチアーノ・ダブルッツォ チェラスオーロ/ファルネーゼ イタリアのアブルッツォ州のモンテプルチアーノ100%のロゼ。ファルネーゼの赤は飲んだことありますが、赤と同じく濃い味わい。 残りはオレンジワインです。 IMG_2518 *Tomisa Pignoletto トミーザ・ピニョレット イタリアのエミリア・ロマーニャ州のピニョレット100%のオレンジワイン。この絵がなんなのかいまいちわかりません。カクテルを持った人の手、だと思うのですが…カクテルがライムのよう。 IMG_2519 *Le Ghiare Bianco/Lo zerbone レギャーレ・ビアンコ/ゼルボーネ イタリアのピエモンテ州のマルヴァジア100%のワイン。この名前で検索してたどり着くワインとエチケットが違います…私のメモがちがうのか、なんなのかと思いながら。オレンジワインらしいオレンジワインでした。